読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

樽になりたい

BM発狂皆伝がKB発狂皆伝を目指すブログです

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 オオガラスの心臓と黒ノ旅人を撃破

音ゲームの調子もあまりよろしくなかったので以前購入したルフランの地下迷宮と魔女の旅団の攻略をしていました。DAOコンの基盤がもうダメそうなので基盤の機嫌とりつつ基盤発送を待ちます。

 

 

オオガラスの心臓とエクストラボスの黒ノ旅人を撃破したので報告をば。

どちらも難易度は悪夢の世界です。

 

●オオガラスの心臓

f:id:slpe_moriyan:20160730123127j:plain

最初はこれまでの迷宮を元にした状態異常や耐性下げドナムで攻撃してくるけど最終的にはオルニットの鼓動という焔属性の強力な全体攻撃ドナムを撃ってくるようになります。状態異常を撒きまくるドナムもかなり厄介。マズルカの結魂書の実験魔法578で深淵耐性を下げて動きを封じてドナム漬けにするのが一番ポピュラーな戦法だと思います。物理はクリティカルゴアでも出ないと大した威力はないので…。オルニットの鼓動は焔属性ドナムなので、マズルカの結魂書の焔返しをするのもアリ。これをすると1人当たり10万以上のダメージが入るのでだいぶ楽に勝てます。

 

倒したときの編成

f:id:slpe_moriyan:20160730121632j:plain

 

白薔薇の結魂書×2:マージナルメイズ×3

メイン。とりあえずマージナルメイズ8人敷き詰めれば強いという脳筋な風潮。焔撃Ⅲ連打。特になし。

 

・フルーラの結魂書:ゴシックコッペリア×2

(本当は白薔薇がよかったけど3枚なかったのでフルーラで代用)

物理要員。スキルを火力重点にして練ったけどメイズのドナムに比べて弱いのでなかなか使い時が。

でもオフェンス3回掛けすればゴアがだいぶ出るのでロマン火力としてはアリ。

 

マズルカの結魂書:マッドラプター×2 アステルナイト×1

アイテムや回復、目眩ましドナム使用。アステル要らないし、3人ラプターだと速度出ると思う。

攻撃する人らではないのでスタンスはスタンダード。

 

・夕闇の結魂書:ピアフォートレス×3

言わずと知れた盾要員。とはいえ全体攻撃ばかり撃ってきてかばいきれないのでどうなんだろうと言うのが正直なところ。なんだかんだでデモンリーパーあたりで避けまくってラプター固有スキルのアヴォイダンスとかで攻撃力底上げするのが一番強かったりするんだろうか。

 

マージナルメイズ主軸の脳筋ドナム編成。

ドナムマスターの20%がサポーターからも効いてくるのがぶっ壊れでした。が、7月26日配信のパッチ ver1.02で13%に修正されました。修正後も相変わらず後半戦は物理死んでてドナムゲーでしたけども。

 

 

●黒ノ旅人

f:id:slpe_moriyan:20160730123636j:plain

魔撃属性への耐性が高いのでドナム攻勢一辺倒だとキビシイ相手かも。とはいえドナムが完全に無力化されたわけではなくて、魔女の旅団の結魂書の突貫術Ⅲのような物理ドナムは普通に効く(旅団の結魂書はサポート枠5でドナムマスター持ち詰め込めばやっぱり相当な火力が出る)。結局ドナムがここでも強いんだけど、せっかく物理ATが一番活かせそうなボスなので物理主軸でパーティを組んだ。基本はアステルやゴシックなどにオフェンスを掛けてクリティカル・ゴア狙いつつみたいな戦法。

 

倒したときの編成

f:id:slpe_moriyan:20160730124158j:plain

オオガラスの心臓の編成の白薔薇の結魂書だけ取り替えた旅団。

 

・魔女の旅団の結魂書:マージナルメイズ×3

突貫術Ⅲを撃つだけのカヴン。メイン火力。こちらもサポートにメイズ敷き詰め。

 

・妖路導く結魂書 :アステルナイト×2 ゴシックコッペリア×1

ゴシックがアタッカーにいるけど完全に配置ミス。ドナム防御陣で戦うのでアステル×3とかでいい。サポートは余りのメンバーをテキトーに配置。一応攻撃力に影響のある枠にはゴシックを配置。

 

オフェンスを3回掛けすると結構クリティカル・ゴアが出るのでなかなか気持ちよかった。ゴシックコッペリアアステルナイトはゴア狙いの脳筋スキルにしてあります。倒すと黒の結魂書という経験値倍率が1200とかアホみたいに高い結魂書と、これまためちゃくちゃな性能の百鬼百命剣を落とします。

 

使った人形兵はこっちに

slpe-moriyan.hateblo.jp

 ==================================

ストーリーですが、全体的に暗い雰囲気で物語が進んでいきます。なかなか趣味の悪い描写もあるので人を選ぶゲームかも。ただし、本編クリア後まで続く魔女たちの人間ドラマはかなり感動したし、クリア後も8個の新規ダンジョンがあったり相当なボリュームで最後まですごく楽しめました。通常ENDスタッフロールの階段を上る場面でちょっと泣いたのは内緒にしておくつもりだった。クリア後のストーリーに進むために弟子のメモを達成していくのがちょっと大変ですが、それに見合ったボリュームとストーリーでしたので、まだの人はぜひ頑張ってクリア後のストーリーも見てほしい。

 

ゲームとしてはスキルをあれこれ考えたりするのがすごく楽しい。旅団単位でパーティを構成していくと前後援を意識してキャラメイクや結魂書選びをしたりすることになるのでそういうのを考えながらプレイするのが好きな人はきっとハマる。けどなんだかんだでメイズ無双なバランスなのでそこは今後の調整に期待。

 

今後は息抜き程度にオルニットで装備掘りしたり先述した回避特化のパーティを作ってみたりして遊ぼうかなと思っています。院試の勉強や昨日買った千恋もあるので。