読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

樽になりたい

BM発狂皆伝がKB発狂皆伝を目指すブログです

君を愛したひとりの僕へ/僕の愛したすべての君へ 読了

本とかの感想

買ってから半年近く積んでいた2冊。一日で一気に読んでしまった。

 

 

 

どっちから読んでもいいという触れ込みでしたが、読み方・順番で感じ方はずいぶん変わってくると思う。

 

君を愛したひとりの僕へ→僕の愛したすべての君へ の順で読むと続きが読めて

僕の愛したすべての君へ→君を愛したひとりの僕へ の順だと答え合わせができる。

そんな感じでした。

 

僕は後者でしたが、記憶を消して前者の読み方をしてみたい…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SF設定面はいろいろ突っ込みたいところもありましたが話の内容はとても自分好みでした。

君を愛したすべての僕へを読んだ後に、僕の愛したすべての君への序章で交差点の幽霊が出てきたことを思い出して、これって結局元の世界の栞ちゃんは救えなかったバッドエンドだったのかと悲しい気持ちになりました。IP装置のERRORは高崎暦と日高暦が融合した結果なのかな~とか色々考えてしまう。

 

君を愛した~の「俺」も、僕の愛した~の「僕」も言動からは、結局暦くんはサイコロの面を愛するタイプ、和音はサイコロそのものを愛せるタイプなのかなと思った。君を愛した~の和音が最後に「俺」に送った言葉、交差点でのある老婦人との出会いが救いだった。

 

 

時間をおいてもう一回読み返したい