樽になりたい

発狂皆伝の樽がPS4のプレイ日記を載せるところです

僕が発狂皆伝を取るためにやったこと・意識したこと

色々と気持ちの面で区切りが欲しかったので。

僕が発狂皆伝を取るために意識したり試してみたこと、モチベーション維持の手法を書いてみます。

卒研が本格化する前に取るため大急ぎ(それでも皆伝~発狂皆伝に1年)、効率重視でやっていました。僕自身が自分にあまりビートマニアの才能を感じられなかったので、とにかく効率重視で地力を上げたいけど自分あまりビートマニアの才能がないんじゃないかという人には参考になるかも。

 

前提

・週に4日は2時間ほどプレイすることができる

・コンスタントを迷いなくつける使えるものは何でも使う精神を持つ

・修行僧になる覚悟がある(才能ないマンは回数の暴力に頼っていく)

 

 

発狂皆伝を取るために必要なこと・必要じゃないことを考える

最終目標が発狂皆伝、とりあえず発狂皆伝を取ってそれから色々伸ばしたいという人は発狂皆伝の曲目を見て何が必要じゃないか考えるといいと思います。

 

必要なもの:高速物量耐性、2連打複合の処理能力、ガチ押し力、皿複合力、細かい譜面を見切る力

特に必要でないもの:連打力:連皿力、ソフラン

 

自分はこういう風に考えていました。もちろん連皿とかソフランは楽しいけど、発狂皆伝を取るために必要な力ではないので本格的に狙い始めてからアップでやる程度で、練習という形でやることはなくなりました。必要でないものが明確になったのでそれを除いて練習メニューを考えました。

 

 

アップ時間の短縮

アップについてですが、基本的に5曲以内に★★1の地力系が触れるくらいにするといいと思います。通常☆11の16分の簡単な譜面から★1~5の譜面をフルコン狙いつつ、★12,13の高速譜面で指の状態を確認して★20あたりまで上げていく感じでやっていました。自分も最初は1時間くらいアップにかける人でしたけど、アップにかける時間を本当に少しずつ減らして慣らしていったらエアゴくらいならアップなしでできるようになったので高難易度に割く時間が増えてよかったと思います。

 

 

メニューを何パターンか決めて日替わりで取り組む

高難易度にイージーで通してやり続けることが上達の基本だと思うので、1日のうちアップを除いた時間をぎりぎりイージーできる/できない曲への特攻にほとんど費やしました。ただ、譜面が多すぎて何をやるかキッチリ決めてないと曲が終わるたびに次に何をやればいいのか少し悩んだりして時間がもったいないし、やる譜面も好みの譜面に少し偏ったりであまりいいことがなかった。僕はそうならないために3通りくらい練習パターンをキッチリ決めてそれを日替わりで取り組んでいました。そうするとサクサクできていいリズムに乗れるし、選曲の偏りもなくなると思ったので。本当は★21以上をすべて一日で触るとかするのがいいんでしょうけど、そこまで時間もなかったし、飽き性なので毎日同じ曲をやり続けることができなかったのでやりませんでした。

 

slpe-moriyan.hateblo.jp

 

このときは2日サイクルでやっていましたが取る前は3日サイクルで回していました。自分の地力に合わせてメニューを逐一更新していくといいと思います。

 

メニューの作り方(僕の場合)

・ハード狙う前段階~ゲージがそこそこ元気に動く段階の譜面で必要なさそうなものを除く 

・高速物量やゴチャゴチャ譜面、ガチ押し譜面の中でもメジャーな譜面を毎日やる枠に設定

・残った譜面を譜面傾向が偏りすぎないように3日分に重複なく分ける

 

上に行くとどうしても譜面数が少なくなるのでOverjoyも導入してみるといいでしょう。

ハード狙う前段階の譜面はノマゲを狙ってみるのもよかったです。イマイチ高難易度の伸びが感じられなくてラブゴに歯が立たないって状況のときに★22のdreaminとかをノマゲ狙いでちゃんと押す練習をしていたらスランプ脱却出来たりしたので。重発狂ができないときは一つ下のレベルの重たい譜面をノマゲ狙うのは有効でした。 

ランダム常備とかはしてなかったです。基本ランダムでいいと思いますけど正規系当たってるなら別にランダムにこだわることはないと思う。

 

 

下手になる練習・粘着をしない

これに気づくのにすごく時間がかかってしまったのが痛かったです。やっててめちゃくちゃ調子悪いなと感じる日や、メニューを完走する前に疲れてしまう日があると思います。こういう下手な状態で難しい譜面でコテンパンにされるとモチベも下がるし、下手な感覚が身についてしまってよくない気がします。そういう日はハードを頑張ってみたり下のレベルの高速16分譜面を正確に押す練習をするといいと思います。僕は調子の悪い日に★20あたりのハード狙いに時間を割いたり★16オフィーリアみたいな譜面をしっかり押す練習をしていました。

粘着についてはその日触れる譜面が減るだけでなく、結局更新できなかったとき虚無感に襲われたりとモチベ維持に悪影響を及ぼすことが多かったです。 

 

 

身体のケアをする

このゲーム、やってない人と比べるとありえないくらい指や目を酷使するので、怪我をしないように身体のケアをするのも大事。僕はやる前に指のストレッチをして、やったあとにストレッチと水冷をしていました。bmsをやる前に指の独立性を上げるストレッチ(調べればでてくる)をやると始めから指の動きがよかったりしたのでオススメです。毎日のようにやる人は終わったら入念にストレッチとアイシングをするといいと思います。痛みが出たら休むの勇気も必要です。痛みが長引きそうなら病院で見てもらって無理をしないこと。

 

 

 

自分が練習する際に考えていたことは以上の5点でした。一番大事なのは自分にとって最適な練習方法を自分で常に考えて試行錯誤しながら編み出していくことだと思います。指の動きは認識力ありきだからとりあえず認識力を鍛える練習をすればいいんじゃないか、そんな気がします。

 

 

 

 一応発狂皆伝の課題曲でそれぞれ気を付けたこ

PEACE BREAKER:ラストは餡蜜しようとせずにがんばる

文旦:前半癖ついてたので視線下げてできるだけしっかり認識するようにした

サンバランド:ラストはとにかく降ってきたノーツをできるだけ早く叩くことを意識

ラブジャス:結局これゲーな気が。ボーカルはいった最初の高密度とかは視線を上げすぎないことを意識

 

 

 

自分はモチベ維持だけはうまかったのでいろいろ紹介して終わろうと思います。

 

・調子が悪いとき

調子が悪い日はさきほど述べた通り、拾う力をつける練習をしていました。また、Overjoyにありがちな運ゲー譜面をいろいろ頑張ったりとか。

 

・マンネリ化しそうだったとき

3日サイクルでやっててもそのうちマンネリしてきます。飽きない工夫として

→低レベル中速の譜面をピッチいじってむずかしくする

→EXモード(プレイオプションで2鍵長押し)で遊ぶ

→ほかの難易度表(第二発狂やLNなど)、表外の難しい譜面に挑戦する

などをよくやっていました。

 

・実力値について

なくとさんが管理してくださってる発狂BMS難易度推定サイトで自分のリコメンドを更新するとわかる実力値。薬でもあり毒でもある数字なので慎重に扱っていました。上達が数字となって目に見えてわかりやすく、基本的にはモチベ向上につながるので特に★21.00を超えるまでは積極的に上げていくといいと思います。しかしTwitterでも話題になっていましたが、★18.xxと★21.xxは非常に上がりにくいのでここで蓄積フラストレーションしてモチベを落としてしまう人も多いです。ランプは更新しているのに数字が上がらなくてイライラするってすごく馬鹿らしいので、そういう気持ちになったらリコメンド更新URLをブックマークから消して、pastaさんやxyzさんのランプグラフで色塗りをして自分の成長を確認するようにするといいでしょう。★21.00以降は基本的にフルコンが物をいうので、アップで狙ったり、地力上げに飽きてきたころに粘着したりして上げるといいと思います。僕は★21.xを早く抜け出したいがためにフルコン粘着の鬼になっていた時期があってそれで地力の伸びがかなり停滞してしまったので少し後悔しています。

 

・動画を撮影する

すごく嬉しかった収穫や、結構強い(?)ランプ更新ができたと思ったときは動画を撮影してyoutubeにアップロードしたりしています。定期的に自分大好きすることでモチベが上がるタイプだったのでそういう人は動画を撮るようにしてみるといいと思います。

 

 

 

長々と書いてしまいましたが、結局やってることは単純で、モチベを尽きさせることなく、難しい譜面を万遍なくやり続けていただけでした。途中からお酒が入ったので変なこと書いてるかもしれませんがご容赦ください。自分の性格や環境、使える時間を考慮して最適な練習をすることが大事だと思う(当たり前)

 

ちなみに僕は発狂皆伝を取った一カ月後に、別件で首を痛めた影響で謎の運指崩壊が起きてBMは引退してしまったので、身体は本当に大事にしたほうがいいと思います。今はBMで部活かよって感じでやってたころよりは真剣にやってないけどKBで楽しく発狂皆伝を目指して頑張ってます。