もりやまんの雑記帳

時間の無駄遣いを楽しみたい。

忙しくまったり周る広島横断の旅(宮島)

はじめに

今月の半ばに広島へ旅行してきて、写真を沢山撮ってきたので旅の思い出として整理します。
大学院の修士論文も最終版を提出したので、卒業旅行のつもりで行ってきました。
最近は、興味のあったことを勉強したり、自堕落に過ごしたりして、残り僅かとなった学生期間を満喫しています。


今回の旅程

今回は2泊3日で広島横断旅行をしてきました。
1日目:宮島、2日目:尾道、3日目:大久野島
という感じで回ってきました。
観光名所を巡りつつ、ご当地の美味しいものを食べました。
広島と尾道が離れすぎていてびっくり。普通に新幹線使うレベル。


厳島神社・弥山(宮島)

宮島へはJR広島駅から山陽本線で宮島口まで行き、フェリーで渡ります。
JR広島駅へは名古屋発のぞみに揺られて2時間半程度です。

日中はフェリーが厳島神社の大鳥居に接近するルートもあります。
f:id:slpe_moriyan:20190320163946j:plain
思ったより接近しなかった。
でも、船から大鳥居が見えたときはワクワクです。


名物牡蠣料理でランチ

宮島ではまずは広島名物の牡蠣料理を昼食にいただきました。
お邪魔したお店は宮島の表参道商店街にお店を構える「牡蠣屋」さんです。
www.kaki-ya.jp

牡蠣料理の専門店で、牡蠣に合うワインも豊富な取り揃えがあります。
牡蠣屋定食¥2600円と牡蠣グラタン¥500円。
f:id:slpe_moriyan:20190320164438j:plain
f:id:slpe_moriyan:20190320164442j:plain
f:id:slpe_moriyan:20190320164444j:plain
定食は焼き牡蠣、フライ、オイル漬け、牡蠣ご飯、佃煮と牡蠣三昧。
牡蠣が大きいし、更に身が詰まっていて素晴らしかったです。
これだけ食べてこの値段は価格破壊しに来ていますね。
それに新鮮なだけあって味や触感も素敵でした。
宮島に行く方は是非。


厳島神社

今回の旅行の大本命、厳島神社参拝をしました。
訪れた日は干潮13時ごろ、満潮19時ごろでしたので、昼食を済まして商店街から神社まで歩くと潮がよく引いており、間近で大鳥居の全貌を伺えました。
f:id:slpe_moriyan:20190320170357j:plain
f:id:slpe_moriyan:20190320165352j:plain
大鳥居を近くで見て初めて、鳥居の一番太い支柱からかなり無骨な様子であることに気づきました。写真のイメージではあまり細部まで見ないので、他の支柱と一緒で綺麗に加工されているイメージがあったのですが、切り出したを楠をそのまま使っており、力強く厳かなイメージを受けました。神社の名前にピッタリ。

入口から出口まで、朱塗りが綺麗で、神秘的な空間でした。
f:id:slpe_moriyan:20190320171311j:plain
f:id:slpe_moriyan:20190320171313j:plain
f:id:slpe_moriyan:20190320171315j:plain
f:id:slpe_moriyan:20190320171316j:plain
f:id:slpe_moriyan:20190320171318j:plain


弥山

宮島観光スポットその2。
宮島の大自然を堪能しながら登山ができるらしいです。
今回はのんびり旅ということもあり、登山はせずにロープウェイで山の中腹にある獅子岩展望台で瀬戸内海に浮かぶ島々を眺めてきました。
f:id:slpe_moriyan:20190320175204j:plain
f:id:slpe_moriyan:20190320175207j:plain


厳島神社、再び(日没)

日没後30分ほどで満潮になるということだったので、下山して揚げもみじなどを食べながらのんびり日没待機。
18時ごろに日が沈みまして、ライトアップが始まりました。
f:id:slpe_moriyan:20190320175733j:plain

思ったより盛大なライトアップじゃなかった。神社だしそんなもんか。
ライトで綺麗な朱色に照らされている大鳥居もいいけど、僕は日の光に照らされた自然な姿が好きだなと思いました。
f:id:slpe_moriyan:20190320175744j:plain
f:id:slpe_moriyan:20190320175752j:plain



干潮・満潮の時刻を調べて日付調節がベスト

今回思ったより潮が満ちなかったことだけが残念だった。
一生に一度行ければいいかなと思っていた宮島でしたが、心残りもありますし、何より安く美味しい牡蠣が山ほど食べられるということで絶対にまた訪れようと思います。


次の記事は尾道さんぽ編です。
slpe-moriyan.hateblo.jp